辛い痛風を解決|医療機関を受診する重要性

女医

バセドウ病の症状と治療

2人の看護師

甲状腺に発生する病気の一つであるバセドウ病では、甲状腺ホルモンが過剰分泌されてしまいます。その結果、身体に様々な症状があらわれます。バセドウ病の治療法について知っておきましょう。

もっと詳しく

様々な小児疾患

子供

お子さんが小さい頃に患う病気を小児疾患と呼び、伊丹市の小児科でそれらの病気を治療することができます。小児疾患の中でもおたふく風邪は多くの人が経験したことのある病気でしょう。それらの症状がお子さんに現れた際には、小児科の受診をお勧めします。

もっと詳しく

痛風の慢性化予防

医者

痛風と呼ばれる病気は、激しい痛みといった症状が特徴の関節痛です。その症状は急激に発症し、場合によっては歩くことすらままならなくなるでしょう。痛みを感じる幹部は赤く腫れ上がり熱を帯びます。発症してから数日間は激痛が続き、一週間から二週間経った後に治まります。それくらいなら我慢できると考える人もいるかと思います。しかし、痛風を医療機関で治療せずに放置していると慢性化してしまう可能性があります。慢性化してしまうと、治療することが困難となり激痛も更に悪化するでしょう。そのため、症状発症初期における治療が大切になるのです。
痛風の原因というのは、血中に含まれる尿酸が結晶化することが原因とされています。そのため、血中の尿酸濃度が高い状態にある高尿酸血症を患っている人は、痛風になりやすいのです。高尿酸血症では、足の裏やつま先に痺れを感じるようになり、鈍痛や違和感といった症状がみられます。こういった症状がみられた際にも、医療機関での検査と治療を受ける必要があります。高尿酸血症にならないためには、日々の食生活が大切です。食生活における高尿酸血症の原因には、脂質及びタンパク質の摂取過多があげられるので注意しましょう。また、水分不足やお酒の飲み過ぎるよる腎機能の低下も、高尿酸血症の要因になります。これらの要因に注意することで高尿酸血症を抑えることでき、結果として痛風の予防にも繋がるのです。しかし、それらの症状が現れた際にはすぐに医療機関を受診しましょう。

夜間診療受診の判断基準

病院

浦安市において、多くの病院は夜間診療を行なっています。近年、夜間診療を利用する患者の症状が軽症ばかりのため、軽症患者の夜間診療受診が批判されているのです。そのため、自身の症状について夜間診療を受診すべき内容かを判断する必要がでてきました。

もっと詳しく